腰椎椎間板ヘルニアによる足のピリピリする痛み

花見川区 T・A様 72歳 男性

来院までの経過

左足のだるさがあり、病院でレントゲンを撮り腰の骨がくっついてヘルニアと言われ、電気と飲み薬で治療をするが段々足の痛みが強くなり入院する。

ブロック注射を3回するが痛みに変化は無く、「とりあえず自宅療養してください。」と言われ退院する。

以前、当院で施術を受けたことがある娘さんに紹介され、退院1ヶ月後に来院する。

 

来院時の症状

下腿から指先までピリピリ痛く足がつけない。立って小用が出来ない。

 

施術内容と経過

遠絡療法で施術する。施術後に立つと「足がつける!」と驚く。5回の施術で立って小用もできるようになり、グランドゴルフを開始する。最初の内は後半に足の痛みが増し、翌日にも少し痛みが残っていたが、8回目には練習後痛みが出ても翌日には取れるようになりました。以前は不自由な歩き方だったが、普通に歩けるようになった。しびれ、痛みもだいぶ軽くなり、膝裏とスネと指先裏に少し残っている程度です。

15回目にはこれもほとんど消えて、走れるようになりました。今ではグランドゴルフを週2~3回続けています。

以前入院した病院に定期検診に行ったところ、回復の早さにびっくりされたそうです。

大雪が降ったときに埋もれた練習場の雪かきを1日中しても大丈夫でした。

 

ご本人から

病院に8日間入院いたしました。「ヘルニア」ブロック治療をいたしましたが、左足激痛とシビレと大腿からスネの痛み及び歩行困難となり困っておりました。娘がヨネクラ筋整復院にて首の痛いのを施術していただき非常に良好との事でしたので紹介してもらいました。

毎回施術する度に軽くなり日増しに良くなっています。大好きなグランドゴルフも出来る様になり大変うれしくなりました。

今後も定期的に通院して元気な身体を維持していきます。