1ヶ月前に腰と足を痛め、歩行困難になった例(坐骨神経痛)

稲毛区 W・H様 62歳 男性

 

来院までの経過

1ヶ月前にゴルフコースでプレイして帰ったところ、腰と右足全体が痛くなり温めたところ翌日は治る。4日後に中腰で仕事をしたところ、また右足に痛みが出て、歩くのもままならなくなり病院に行く。検査の結果2ヶ所に変形して狭くなっているところがあり、これが原因でしょうと言われ、痛み止めが処方されるが辛く当院に来院する。

 

来院時の症状

来院時、腰はくの字に曲がり、老人の腰のように曲がったまま伸ばせない。背骨はS字状に曲がって足はふくらはぎから指先まで痛みが走り、うまく足をつくことができない。腰を伸ばすと痛みが大腿から親指へ「ピッ!」と走る。とても辛い。ベッドに上向きで寝ているのも数分で痛みが出るし右足は全く上げる事が出来ない。

 

施術内容と経過

遠絡療法で施術する。1回目で腰が伸び、足の痛みに変化が出歩き方が変わる。歩行は50mが限度。3回目の時、それまでじっと施術の間寝ていられなかったのが、最後まであまり動かないで施術を受ける事が出来た。10回目で全く力のなかった親指の背屈力がだいぶ強くなり、鈍かった皮膚感覚にも変化が出てくる。引きずっていた足は、13回目でほぼ正常に歩けるようになる。17回目でほとんど正常になり、働いたり長く歩いた後にスネに痛みが出てしばらくすると消える程度になる。現在も悪化予防の為定期的に通院中。